1日目 長崎旅 【バスに乗り遅れる?!】

いよいよずっと楽しみにしていた長崎旅。
なのにしょっぱなからやらかして、なんとバスの出発時間に間に合いませんでした!
ハラハラの1日目 長崎旅(__)泣

今回使った交通機関は名鉄バス。
新幹線:::往復約40,000円 時間約6時間
夜行バス:::往復約20,000 時間約12時間

とこんな感じで私はなるべくグルメとかにお金を使いたかったので安いバスにしました。
そして長い時間は睡眠に使うことに♪

ただ名古屋駅に着いてバス出発まで時間があったので腹ごしらえに台湾ラーメン!
死ぬほど辛いですがめっちゃ美味しかったです(^^)

それでこのお店から【JRバス】乗り場まではすぐだったので、呑気にカフェラテを買いに行き、呑気にコンビニへ行ってお水とキットカットを2つ買ったんですよ。
「バスの中でカフェタイムしよう♡」って。

…そうしたらお気づきだとは思いますが、JRバスと名鉄バスは違うので乗り場も違うんですね(○_○)
間違えた!と思って時計を見たら【19:33】。
いつバス出発すると思いますか?【19:40】。

「オワター\(^o^)/」

間違えて来てしまったのが名駅南口にあるJRバス乗り場。
でも行かねばならぬのが北口を出て名鉄ビルも近鉄ビルも超えた先にある名鉄バスセンター。
歩いて10分くらいなのでいつもの私なら諦めるところですが、【33】を見てテンションが上がった私は猛ダッシュ!

でもね、右手にはカフェラテのアイス。
そんな走ったらコーヒーがこぼれます(・_・)
せっかくバスに乗れてもそこにコーヒーが無ければ意味がありません。
なので私、【ほどよく】走ることにしました!

でもね、ほどよくでもずっと走ってたら疲れますよね。
私は疲れるのも走るのも嫌なんですよ。
なのでしっかり適度に休憩とって歩きました!

そしたらあとちょっとで信号に引っかかってしまった!
あまり車も通らなかったので信号無視しても良かったんですよ。
何故ならその時には既に【19:38】。

でもね、私はとてもクレイジーなんです。
【委ねて自分の運命を見る】っていう遊びがすごく好きなんです。

なので長く感じる赤信号でじっと落ち着いて待ち、
「もし私が長崎に行くべきなら、私をバスに乗せてください」
と見えない世界に運命を託し、青信号になった瞬間「走るぞ!」と決めました。

青信号になって走り、何故か目的地手前のエスカレーターで“遅れた泣きべそ”を少しかきながらなんとかバス乗り場へ!
その時の時間は【19:41】(たぶん)

「もう出発するところでしたよ!」と怒られつつ出発直前のバスになんとか乗れましたー\(^o^)/♡

と、いうことで無事にバスに乗れた私は長崎へ出発することができました!

任せるところと頑張るところ

あそこで焦ってもう間に合わないと思ってたら、それでも間に合ってたんですかね?

私は走ってる途中でもとても冷静だったんです。
いろんな映像が浮かんで、その中に「運転手が少し待っててくれる」「天気の影響で少し出発時間が遅れる」などの可能性もあると感じられました。
だから割りと「あ、たぶん大丈夫だわ♪」とも思っていました。

間に合う間に合わないは結局、結果でしかないんです。
私たちはなりたい結果を決めてそうなる為の要因を考えそれ通りに動くことはできますが、できるのはそれだけです。

結果という不確かなものは自分の意志を諦めず持った上で見えない世界に委ね【行くべきなら乗せて】
自分の手の届く範囲でベストを尽くす【走るぞ!】
というバランス・役割分担みたいなものが大切だと思います。

私は特に努力せずに本当に欲しいものを手に入れるタイプです。

その要因を俯瞰して自分を見ると、
【委ねつつも自分がルール】って思っているからだと思います。

私は起こったことがベストという考え方なのであまり物事をコントロールしません。が、【したいことは必ず起こること】とも思っています。

何か欲しいとき「お金大丈夫かな?」とは考えません。
「私がこれを欲しいということは手に入る」って考えます。
だからそんなに手持ちが入ってなくても何故か残高を確認もせずにそのまま買い物したりします。
「できなかったらできなかったらで」っていう柔軟性も助かって、現象で落ち込むことはほとんどありません。

今までは常に選択肢が究極的には2つだった時代。
でもこれからは、

選ぶ道がなくなって自分が道になる

時代だと思います。

〈fin〉

コメントを残す