2日目 長崎旅 【諏訪神社 / パラレルワールド】

夜行バスでうろたえながら着くと、そこは雪国でした。
南に行くので温かさを期待して行ったら今年初の雪に触れることができました。
今回は未だかつてない心地良い気分になった諏訪神社の話と、身体にいたまま周波数を変えて多次元トラベルをしていた話です。

途中でスマホの電源が切れたので、勘で楽しく歩いていると目的地である【諏訪神社(すわじんじゃ)】に到着。

神社に入る人だけでなく、ゴミ捨てや通勤などで門を横切る人たちまで立ち止まり一例をしていました。
地元の人たちに愛され大切にされている神社だなと実感。

私は神社が苦手なんです。
特に人が大勢いるような場所はめまいがします。
神社がパワースポットとは思いません。

でもこちらはとても清らかで軽くて、歩いているだけで気持ちが良かった。

神社の手前には堂々としたとてもかっこいい大木が立っていました。
生きているなって分かるほどの強い意志が感じられました。

長い階段を上り切ると、中から神聖な空気を強く感じられ、恐れ多くてすぐには入れませんでした。
「敬意を持って入ります」という意志で入ると、私の大好きな竹笛の音が流れていた。

こんな気持ちい場所で竹笛の音が聞こえるのは本当に幸せ。
吹いていたお爺さんと色々お話をして、“尺笛”というものだったそうです。
毎朝ここで吹いているんですって。
いいなーここに住んでいる人たちは(^^)

すぐ横には【滑り止め】の神様もいると教えてもらったので、私のお笑いがどうか滑りませんようにとお願いしてきました。

その他には滝や噴水など、神社境地内には私の好きなものがたくさんありました。

私はとっても敏感です。だからあまり神社には行けません。
だからこそ諏訪神社は大変おすすめします。
長崎駅からも近いのでぜひ行ってみてください♪
諏訪神社 公式ホームページ

身体にいたまま多次元トラベル

私は寒いのが大の苦手です。
なのに雪が降るほど寒かったのでずっとカフェで避難していました。

ここで世の中が信じられないような話に入ります♪

地球には霊力もしくは技術によってテレパシーで話せる地球人は大勢います。
そして私は日本人だけじゃなく外国の方々にも英語で話しかけられます。
そのほとんどは怪しい円盤のような小さい飛行物体に乗っています。
それは霊視というもので見ることができます。

どうやって人を見分けて話しかけるのかと聞いたら、光の大きさや“光り方”なんだそうです。光の大きさは予想できるけど“光り方”も違うんだなと思いました

彼らは特に悪さはしません。
が、1日中見はられ急に話しかけられるのは時にウザいです。

そしてこのカフェであることを私は試してみました。
それは、イメージ・感情・思考を使って周波数やパラレルワールドを変えること。

霊力は分かりませんが、技術でテレパシー会話する場合、恐らく周波数などを合わせて話せるようにしていると思うんです。
それを実験しました。

周波数は同じで「条件」を変える

カフェを教室に見立てて説明します。
まずここが私が最初に座ってた位置。

で、今のところ私が座っている位置の「条件」を知られているから皆は私と話すことができる。ここからまずは席を変える。
変えるときの方法・順番はこちら▼

別の席に座っているとイメージする

そこに座っている条件を決める

その条件で動いたと思い込む(感情・思考)

今座っている場所にいる条件は【夜行バスで長崎に7:00くらいに着いた】。
他にも諏訪神社に行った(立ち寄った場所)や大雪だった(天気)などの条件で今このカフェでこの席に座っているが、今回はイメージしやすい夜行バス(手段)と7:00到着(時間)をパラレルワールドを変える条件に使いました。

パラレル1
<条件>バスで長崎に来て、お昼くらいに到着した。
今は午後3時くらいでカフェで休みに来た。

パラレル2
<条件>7:00発で新幹線に乗り長崎に来て今はカフェにいる。

パラレル3
<条件>新幹線で長崎に来て現在はお昼。

で、ここからはイメージ力。その条件で来た!と思い込む。
これはありえないようですが、テレポーテーションやヒーリングなど、全てに通ずる元々の自然の法則です。
【完了形で言うと願いが叶う】とかも同じ方法です。

そしてこれをしていたら皆の声が小さくなっていたんですね。
交信がしにくくなりました。
あと驚いたのは「彼女がここにいない!」とよく言われていたこと。
だからやっぱり同じパラレルワールドにいるからこそ、今周りにいる人たちと会えるんだなと思いました。

「周波数」も「条件」も変える

今までのは同じ周波数内で「条件」を変えて座っている席を変えました。
次にやったのが「周波数」も変えて逃げてみました。笑

【周波数】しゅうはすう
交流・電波・光などが一秒間に何回向きを変えるかという数、つまり振動数。単位はヘルツ。
周波数とは私たちの「感情と思考」によって決まります。

なので今の自分の感情と思考を変えれば出す周波数は変わり、それに見合ったパラレルワールドになります。

写真にフィルターをかけて、同じ場所でも様々な周波数の状態を表してみました。

私は思考より感情を扱う方が得意です。
一つ嫌なことを考えてあとはその嫌な感情を味わう
一つ嬉しいことを考えてあとはその感情を味わう
それで自分の身にまとう空気が明らかに変わったと感じることができます。
そして結果として皆とのテレパシーが途切れる。

ただ意図的に周波数や条件を変えている場合は、やはりそこには“頑張り”が必要なんですね。
バスで来たのにずっと新幹線で来たことにはできないし。笑

でも楽しい遊びが出来ました♪

条件を変える度に誰かがお皿を割ったり店内に入ってきたり、シーンが少しずつ変わっていったのも楽しかった。
でもその一つ一つのシーンが繋がってしまっているから、きっと私たちは一瞬一瞬パラレルワールドを渡り歩いていることには気づかないのかもしれません。

自分の周波数でパラレルワールドが決まること、
その周波数は感情と思考で変わること

を改めて感じられた体験でした。

<fin>

KISEKI’s OnlineShop http://kiseki.site/

コメントを残す