3日目 長崎旅 後編【四次元パーラー あんでるせん】

宇宙人と噂される(笑)マスターのいる有名な「喫茶店 あんでるせん」。
この為に長崎に来たのです。そして数々の楽しい奇跡を体験させて頂きました。
そして、予想外なことにツイン君を当ててくれた!

ライトボディで行く場所がこの「あんでるせん」で本当によかった。

 四次元パーラー あんでるせん

四次元パーラーあんでるせんは、
長崎駅から電車で約1時間の所にある「川棚駅」のすぐ近く。

携帯を見ずに勘で歩いたのですが、
フラフラしてもすぐ見つけられるほど駅近です。
完全予約制なので、ショーを見るとき1番前のカウンター席が良いなら、
3ヵ月前くらいには予約をした方が良いそうです。
→ 電話番号0956-82-2375


四次元パーラー あんでるせん

 

料金は食事代のみ!
食事のあとに約3時間のとても素晴らしいスペースショーがあります。
その間にね、お客さんは入れないんですよ。
ショー代はサービス。
もうこの時点で色々と考えさせられます。

あんでるせんは11:00オープンで二部制です。
私は前半に参加したのですが、のんびり屋で電車を1本逃し、
12:00で1番最後に入店しました。

階段を上る前、頭の中で
マスター「永田さんがもうすぐ来る」
奥さん「ああ、最後の?」

という会話が聞こえましたが、
真意を確かめる勇気はありませんでした。笑

左側にある手前の扉があんでるせんの入口。

入店すると、「いらっしゃいませ」と声をかけてくれた奥さんと
キッチンで作業中のマスターがこっちを振り向いて
わざわざ、かがんでまで私の顔を見てくれた。

第一印象、「若い!」
私には30代前半に見えました。

席に着くと、店内の様子が気になってスマホを触らずに
体ごと皆の方に向けて観察していました。
きょろきょろ。

頼んだのは、定番のビーフカレーと食後のホットコーヒー。

スプーンは情報通りねじられていた。笑
一部「味が薄い」情報もありましたが、
私には濃く感じましたし、少し辛かったです。
辛いカレーは大好きなので美味しかった(^^)
人によって味が変わる魔法のカレー?ははは

最後に入店しゆっくり食べる私でも
しっかり優雅に食事ができるほどの時間が設けられた後、
いよいよ“スペースショー”のはじまり。

予約順で決められるらしい番号を言い渡され、
番号順にカウンター席から座っていきます。

私の番号は、「13」

でもラッキーなことに私とある女の子が背が低かったので、
お店の計らいでイスの上に立って1番後ろから見ることができました。
とても見やすくて特等席!チビでよかったー♪

その日は大雪によって「13」名の団体客がキャンセルになったので
いつもよりも人数は少ないらしくより見やすいとのこと。

ちなみにこのとき一緒にイスに上がったのが、
「私と雰囲気や個性が似ている子だなー」と思っていた
あやかちゃん、でした(^^)

 It’s Show Time !

はじめる前にマスターはこう切り出した。

「この中に1人、大きなことをやる人がいます。
でもね、大きいけど重くはない。

もう誰に対しての言葉はどうでもいいの。
その言葉に心が震え、感動し、
勇気づけられたことは事実なんだから。

そして奇跡のエンターテイメントの数々をご紹介!
3時間分なので覚えているものを。

透視(とうし)

基本的にはマスターの目の前にいる方が、“箸みくじ”を引き
引いた番号の人がマスターの“助手”になります。

<マスターが当てる>

●お客さんが描いた絵を見ずに、
マスターが同じ絵を描く

●お客さんが引いたカードを見ずに、
マスターが何のカードを引いたかを当てる

●お客さんに何かを質問してお客さんがその答えを書き
マスターがその書かれた答えを当てる

などなど…

<お客さんが当てる>

●4種類くらいの2枚組セットのカードがあり
カードをバラバラにしたあと、ペアをお客さんに当てさせる

●先にお客さんにその人の好きなカードを選んでもらい
バラバラになったカードから適当に1枚選んでもらう。
そのカードを見てみると、先にその人が好きと言ったカードだった。

●数種類のカードをお客さんに覚えてもらったあと伏せてバラバラにした。
そして上から何の柄のカードかをお客さんに当ててもらう。
(このときの出来事▼)
実はこのとき、私はとても目が悪いし内側の会話なども気になって
「☆」マーク以外なんの柄があるのか知らなかったんです。

それで最初に当てられたのが隣にいたあやかちゃん。
彼女は「☆ほし」と答えると
本当に1番上のカードが☆ほしで言い当てたのだ。

そして次は、まさかの私!

「☆ほし以外ですか?汗」(当たり前のことを聞くw)
「はい、☆ほし以外です。」

分かりませんとは言えないので、イチかバチかで
なんとマスターの前で、私、透視しました\(^^)/はっはっはっ

最初は神社みたいなマークだと思ったんですね。
いくつかの黒い線がくねって視えたので。
なので視えたことをそのまま伝えました。

「正直言うと、目が悪くて☆ほし以外のマークが分かりません。
でも今視えたのは、このような(ジェスチャーで伝える)マークでした。」

「動いているような線?」

「はい、たぶん…。」

と言うと、そのカードは波打っているような柄でした。
柄を知らずに言い当てたことで少しヒーロー感を感じました。

●サイコロをお客さんに持たせ、上の目の数字をマスターが当てる
(このときの出来事▼)
隣のあやかちゃんが指名され、
サイコロの上の目の数字を決めるようマスターに言われた。

私がそれを見ていると「あ!あなたは見ない方が良い!」
と慌てて言われたので、私も心の中で
マスターと同じように数字を透視してみました。

そして心に決めたのが「5」。

あやかちゃんの決めた数字を聞くと、なんと「5」でした。

そこからはちゃっかり心の中で当てる方に回りました。笑

テレポーテーション

●大きいコインが小さい穴の瓶の中に入る

●お客さんに借りたいくつかの指輪が絡まったり
急になくなったと思いきや、財布やネックレスから出てくる

●適当に少し破った1枚のカードが
何もない額縁の中にそのまま瞬間移動

などなど…

貫通

●お札や小銭を棒で貫通させる

●お札が吸い込まれるように小銭を貫通させ、
小銭がお札をはさんでいる状態になる

などなど…
(お金は本物で、お客さんのもの)

物質化

●ポスターにあるハンバーグが本物になって出てくる
(ポスターから無くなる)

●財布が燃えるが何故か燃えない(矛盾)

●小銭を柔らかくしてその一部を食べた(不味いらしい)
食べた後のギザギザした部分を前列が触っていた
そしてちゃんと小銭を元通りにした

などなど…

 結婚に対するアドバイス

あと、こんな嬉しいことがありました。

「このポーチをブーケに見立てて、
あなた(女性)がこのブーケを後ろ向きで投げてください。

このブーケを受け取った人は必ず結婚します。

そうマスターが言いお姉さんが投げる準備をした。
期待を落ち着かせ、黙って運命を見ようと立ってたら
こっちにブーケがやって来た!!!

でも手を出す勇気がなくそのままにしてしまいました。笑

すると、
「そのブーケがあなたの胸に当たったので、
あなたで良いですね。」とマスターが言ってくれた。

紙を渡され付き合っている人の名前を書いてくださいと言われたが、
マスターは私が書く前に先に紙に名前を書いていました。

マスター「うーん、2人の男性が視えますね。笑」

会場「えー!!!笑」

私「いません!1本です!」

マスター「2人というのは、あなたのお父さんと彼氏です。」

私は物心ついてすぐ父と別れたので、
“2人”と言われてまずお父さんは浮かびません。
なんだか嬉しかったです。

そしてマスターは自分の書いた紙を見せてくれて、
そこにはツイン君の名前がローマ字で書いてありました!

私は漢字でフルネームを書いたのですが、
マスターは続けてツイン君の漢字も言い当てていました。

「田んぼの田が入っていますね。
あと名前は“真(しん)也(なり)”と書いてshinyaですね。」

私はツイン君の漢字も大好きなので、

「はい!真実(しんじつ)也(なり)と書いてshinyaです!」

とわざわざテンション上げて言い直しました\(^^)/

そしてマスターはこんな話をしてくれた。

「この世界には男性族と女性族がいますね。
考え方や問題の解決の仕方などが違います。
同じ人間でも異なっています。
そのことをちゃんと理解していてくださいね。

女はね、一度「嫌!」って言ったら嫌なんですよ。笑

嫌だと思ったらどうしても嫌で生理的にダメになるときもあります。
嫌なことは嫌なんですね。笑」

と言いつつ、さらに私に

「あなたたちの場合は、
あなたが引っ張った方が上手くいくよ(^^)

でもあなたと彼は違う人間だということを忘れないでね」

と言ってくれた。

同じ魂で同じ目的でも解決方法や見方は違う
同じ魂でも人間は違う
同じ魂だからというつもりで接すると喧嘩になるよw
というふうに捉えました。笑

本名を解禁です♪
マスターのサイン付き♪

ちなみにブーケを投げるよう頼まれたのがカップルで来た2人。
「相性がいいよ、頑張ってね」とマスターに言われていました。
結婚するカップルだったからブーケを投げさせたんですね。

実はこのあと、現金がなくて
マスターの【パワー入りフォーク】が買えなくて諦めていたら、
「これも何かの縁だから!」と気前よく
このカップルの男性が買うお金をくれました(^^)

スプーンもあったけど、マスターに選んでもらってフォークに♪

 マスターの凄いところ

数々のマジックは確かに凄い!

でもね、1番凄いと思うところは

私たち見知らぬ人同士を一つにしてくれたこと。

帰る頃には皆がお互いに笑顔で声をかけあって
仲良くなっていた。

そしてマスターはよくこう言っていました。

「私たちはみんな宇宙では一つです」

そしてそれをマジックで証明する。
ある女性に生年月日を紙に書かせたあと、
前列の6人くらいが電卓に適当に4桁の数字を足していった。
前列全員が足した数字をマスターが言うと、女性は驚愕!
なんとその女性の生年月日だったのです。

「ほら皆凄いでしょう。
皆で彼女の生年月日を当てたんです。」って。

かっこいいー!笑

またマスターは、さりげなく人の悩んでいることの答えを
皆に伝えるように本人に届くと分かって伝えます。

隣のあやかちゃんは元カレと別れ引きずっていたようです。
ショーが終わって相談に行くと、
「過去は生ごみ。終わったことと今は関係ないんだよ。
それにもう1人の男性が視える。
きっとこれから現れるよ。」と言っていた。

ショーの序盤、あやかちゃんに「あなた結婚しますよ」って
マスターは伝えていました。
また皆に「過去とは」について話していた。

そういうことだったのか!と理解しました。

また必ず来ます!本当にありがとうございました(__)!

もっとこの日はたくさんのことがあって、
とても濃い1日でした。

凝縮してもこのボリュームですが
思う存分書けたと思うので私はスッキリ&ハッピー\(^^)/

見てくれた方にマスターの人柄が届けばと思います。

<fin>

“3日目 長崎旅 後編【四次元パーラー あんでるせん】” への2件の返信

  1. すごいですね。サイキックもすごいけど、愛がすごい。こんな不思議ワールド、体験してみたいです。

コメントを残す