ツインレイとの体験を他の人と★テレ会

これからテレパシー会で起きた出来事や会話を記事にするとき、題名に「テレ会」と入れさせていただきます。ご興味のある方はぜひご覧ください(^^)

URL:テレパシー会

まず初めに、
テレパシー会で私が何かを答えるとき

自分の意志で言葉を選んで話すことも、

内側の女性性か男性性なのか
潜在意識なのかか多次元の自分なのか
ここにいる自分の考えを
内側の自分が話すことも、

内側の声も聞こえないが
恐らく自分の考えていることが
なんらかの形でみんなに
伝わっていることもあり、

伝え方は様々ですが、
すべてひっくるめて「わたし」が話します。

多次元の「わたし」が
みんな総出で答えています。

同時に周波数の高い次元では
いろんな個の意識が融合していたりするので
ある意味、テレパシー会に来る
“その人たちがわたしの声を通して”
話していると言うこともできます。

 ツインレイについて

テレパシー会をしていくと、
私とツイン君の関係が気づかれることも
よくあったりします。

(「気づかせてるだろ」って言われますが(^^)はは)

なのでツインレイに関する質問も
よく受けたりします。

その中で印象的だったものを▼

Q.「ツインレイとの体験を他の人とできるの?」

 

「ツインレイとの体験は
他の人とではできません。

でも他の人との体験も
ツインレイとはできません。」

 

最近“セックスレス”に悩んでいる女性を
よく見かけたりします。

私は性(セックス)もとても大切にしているテーマなので
セックスレスに悩んでいる女性が
どんふうにそれと向き合ってるのかが気になって
よくそういったブログも見たりします。

そういったものを見て、
愛している人とセックスが楽しい人が
分かれていない、完全一致しているのが
真実のパートナーだと思うんです。

なのでそういう意味では
「全ての人がツインレイと出会えますように」
と思うこともよくあります。

 

でもツイン君と体験できない
多くのことを元カレたちと体験できて
本当によかったなって感謝しています。

例えば、「別れ」

今までの恋愛は「別れ」が終わりにあったのに対し
ツインレイは「別れ」が始まりにあると思っています。

統合(いろんな“統合”の形はあるけど)に向けて
様々な体験をし、やっとお互いが合意する
“はじまり”が終わりにある関係だと思うんです。

だから「大切にされていないと思って悩む」とか
「長年付き合って結婚せず別れる」とか
ツイン君とは体験できないことなので
いろんな恋愛をして楽しめたことはよかったです。

それに、相手が真実のパートナーでなくても
愛する人とセックスが楽しい人が一致し
同じ人と添い遂げるカップルもいるだろうし

仮に不倫や浮気とかで
パートナーが分かれることがあっても、
それはそれで貴重な体験だと思います。

 

突き詰めると、
目の前にある現実しか
私たちは体験できないんだから
目の前の人や現象としか
向き合うことはできなくて

それはその人や現象と
向き合わないといけないから
目の前にあって

その体験が魂の役割と違ったり
真実のパートナーとの体験じゃなくても

とりあえず「自分が幸せ!」なら
良いんじゃないのかなと思います。

 

ツインレイかどうかというよりも

今、目の前の人を愛してるのか
愛してる人に愛してるって言ったり
自分なりに大切にできているのか

なによりも自分が今、幸せだと感じているのかが
大切なんじゃないのかなと思います。

<fin.>

コメントを残す