丹光の秘密

私はよく目を瞑っていても開けていても「丹光」を見ることが多いです。今日は丹光を見えているときの自分の状態と、テレパシーによってツイン君たちから聞いた丹光関連の会話について載せたいと思います。

そもそも「丹光(たんこう)」ってなに?

丹光というのは、
「第三の目」が開いていることで
見えるという「色の発光体」

イメージ▼

目を瞑っているときに見ることが多く、
見える色によって意味も違うと
多くの記事では語られていることが多い。

ですが、

私の体験と感覚では、

なにか“気づき”があると
目を開けていてもパッと光りますし

見える色に意味があるというよりも、
単に自分の深いオーラ
(周波数の高い自分の体、コーザル体など)
の色を見ているだけなのではないかと。

実際、誰かが同調してきたり
テレパシー会話などし始めると
見える丹光の色が2種類になったりします。

が、真実は分からないですね。

ツイン君たちに期待しましょう( `ー´)ノ

 

 丹光の秘密

それで昨晩もみんなとテレパシー会話をしていると
途中で丹光が見え始めました。

すると誰かが、

「やっぱり5次元になると光が増す(‘_’)

あと丹光も現れるなぁ…。」

 

ってボソッと言ったの聞こえたんです。

今までは「きれーい♡不思議♡」
で終わらせていた丹光ですが、

そこで初めて、

“丹光が現れ始める次元(周波数)があること”

“丹光が見えているとき
自分の体もとても光っていること”

の2つを知りました。

 

“丹光が見えているとき
自分の体もとても光っている”のは

自分の意識の周波数が上がると
それに伴って体の周波数帯も上がり
光の粒子が体中に多くなることで
体の発光が増し → 丹光が現れる

という順番?なのかなと
私は思っているのですが。

 

そしてツイン君たちが
「5次元」と呼ぶ周波数帯から
丹光が見え始めるようであれば、

さっき言った、
“実際、誰かが同調してきたり
テレパシー会話などし始めると
見える丹光の色が2種類になったりします。”

というのは、
たん私も相手も5次元の状態にあって
お互いの波動が一致しているときに
それが起こるのかな?と思いました。(仮説)

 

 丹光が見えるとき

私が丹光を見るシーンは様々ありますが、
いくつか紹介します。

(1)“気づき”を得たとき

1番初めに丹光が現れたのは、
自分の前世で後悔した(している)ことを
今の自分がそれに気づいて
「ごめんなさい」と言葉にしたとき。

音無き眩い黄色い雷が部屋に落ちたかのように
部屋中がピカッと明るく輝いたあと
黄色い丹光がうにょうにょ動きながら現れた。

自分がこの人生で忘れちゃいけないこと
赦すし浄化しなければいけない魂の傷などに
“気づいたとき”、万物を見通す第三の目が開かれ
丹光が現れ始めるかもしれません。

(2)変性意識状態のとき

変性意識状態は「宇宙」との一体感、全知全能感、強い至福感などを伴い、この体験は時に人の世界観を一変させるほどの強烈なものと言われる。その体験は精神や肉体が極限まで追い込まれた状態、瞑想や薬物の使用などによってもたらされるとされる。また催眠等による、非常にリラックスした状態を心理学でこういうこともある。 by wiki

 

半覚醒意識と呼ばれることもあれば
脳波的に言うと「シータ波」、
体感的には「トランス状態」とも言えますが

とにかく、
深い至福を感じながら
思考はあまり働いていなくて、
それでも意図的に言葉を選んで話すことができる
ギリギリの状態?みたいな感覚でしょうか。

多くの場合、起きる直前と寝る寸前の状態です。

その感覚でいるととても自然に
そして当たり前に光がうにょうにょします。

(3)集中しているとき

集中とはいっても、
無のままボーっとしているときなども
丹光が現れることがよくあります。

<集中しているときに勝手に体が動く>

ちなみに勉強やイメージングなど、
何かを作業しているときに
無意識に体の一部が動くのは
“チャネリング状態”なんだそうです。

人の体は理性とか思考で止めているので
集中して“トランス状態”で作業すると
体がどっからかの波動と一致して
その波動を体の動きで表現するそうです。

 丹光は誰でも見ている

総じて言うと、
丹光は思考が静かで心が穏やかなとき
に現れることがほとんど。

その状態ってどれだけ現実では
忙しい私たちでも必ずなる状態なんですね。

それが起きる直前と寝る寸前。

至福から目覚め、至福に還る

 

と言い換えることができます。

そして目覚めてても丹光が見えるときは
自分の状態が最高に至福な状態のとき。

自分の体を超えて
まるーく大きく広がる、
空気のようなものを
感じることができるかと思います。

(周波数が上がると影響する範囲が広がる)

それと共に体は振動し
体中が“何か”で満たされるのも
感じられるかもしれません。

その“5次元状態”は、
私たちが目指している地球とも言われているので

実は次元上昇って、既にあるもので
既に体験しているものなんですね(^^)

<fin.>

コメントを残す