見た目は、自分がどう見るかで決まる

見た目って日本語の通り「見る目」で決まっているんだなと思った、アストラル界でのはなしです。

 

いつもの明晰夢で自由にアストラル界を
徘徊していたときですが(笑)

いつのまにか“ある女の子”のいる
部屋に辿り着いたんですね。

その女の子は実際に生きている人間で
スピリチュアルをとっても科学的に
説明・解説していることで
知っている人は知っているちょいと有名な子。

その子はとても地球が好きで
そんな彼女を私もとても好きです( *´艸`)

彼女のことはSNS上くらいでしか知らず
それもそんなに更新しないので
正直それほどあまり関わることがないです。

 

ただ、

「あー!地球のことが大好きで
とても頭のいいあの子じゃない(*´▽`*)」

と思って私はとても嬉しかったのですが、
エネルギー場ではみんなが知り合いからなのか
元々魂的に近い存在だったのか、
彼女も私を見てとても嬉しそうに

「会えたー(*´▽`*)

みたいな感じで喜んでくれていました。

 

「私もよく同調するし、
同調力がとても強いんです!」

「知ってるよ!
そうだよね、〇〇ちゃんも
同調力がとても強いんだよね(*´▽`*)」

って、まるでずっと前から
知り合いのようにお互いの性質を知ってて
2人で同調力について話したあと、

彼女は少し言いにくそうにしながらも、

「それで…その…、

あなたの背後にいる(守ってくれている)
と、ルシ…ファー…
に同調させてもらってもいいかな?」

と言ってくれた。

ルシファーを“ルシファー”と呼べばいいのか
“ルシフェル”と呼べばいいのか分からず
語尾が弱く小さくなっていました(笑)

 

そのとき彼女の想いも伝わってきて、
「サタン」とか「ルシファー」と呼ばれる
存在は決して悪者ではなく役割があること
そして真実の姿はとても神々しいことを
ずっと知っていて“仲良く”したいのだが、

そのエネルギーがあまりにも強いため
今まで交信、同調が怖くてできなかった。

 

闇ってそれはそれでかっこいい
力強いエネルギーなんだけど、
それを誰もが制御できるわけではなく
彼女はとても知性があるので、

そのエネルギー(闇)に飲み込まれ
自分を見失う可能性がある

 

リスクをしっかりと知っていたんですね。
でも今なら私がいるため安全だと思い
同調をお願いしてくれたのです。

※ちなみに彼女が表現した鬼のサタンも
ルシファーも同じ存在なんです♪

彼女がそう私にお願いすると、承諾した。

「もちろん!喜んで♪」

 

すると彼女の肉体はそのままで、
彼女の意識だけが見えないエネルギーとして
私のところへと流れ同調が始まった。

 

彼女が私に同調した状態で、
ルシファーが彼女に、
彼女がどんなふうに自分を見ているのか
見せたのです。

彼女の肉体は若い可愛い女の子ですが▼

<イメージ>

彼女が見る自分の姿は
こんな感じだったのです▼

肌はたるみシワが出来ていて、
実際の彼女の年からはだいぶ老いたような
顔や見た目になったのです。

 

ルシファー
「君は自分のことを実際よりも劣って見ている。」

そのようなことを声ではない
確かなメッセージで伝えると、
あとはその変わり果てた肉体を見るだけで
彼女が自分をどんな風に見ているのか
一目瞭然でした。

 

ルシファー
「次は彼女(私)がどんな風に
あなたを見ているのか見せよう。」

そう言うと彼女の肉体がまた変わったのだが、
その容姿はこうなった(笑)▼

題名をつけるとしたら、「地球のキノコ!」

キノコみたいな頭はヘルメットのように(笑)
ツルッピカッに光っていて
色彩豊かなパステルカラーがあって
見ているだけで「楽しそう!」っていう印象。

なぜか鼻の半分まで被っていて
口くらいしか見えませんでした(笑)

この世界の言葉で表現するなら、

「異星人・宇宙人」
「地球の自然の妖精」

といった種族っぽかったです。

 

彼女は自分を見ているようで
自分に対する印象で自分を見ていて

私も彼女を見ているようで
実際は彼女に対する印象
(精霊っぽい彼女)を見ている。

 

ルシファーは私たちに2つのことを教えてくれた。

1つ目は、
人は等身大の自分を見ていないこと。
(特に低く見る傾向が多い)

2つ目は、
実は私たちはその人の顔のパーツではなく
その人の印象でその人の顔を見ている。

 

例えば同じ顔でも、

「他国の超有名な女優さんで
実際に見るととても顔が小さい」

と言われた人と、

「たくさんの犯罪を起こした
貧しい人だった」

と言われた人とでは、

同じ人を見ても
同じ顔には見えないんです。

 

私たちは自分への自己評価が
自分が見る自分の顔に繋がり、

人への印象で人の顔を見ている。

つまり、
私たちが本質的に見ているのは
顔のパーツという物質的なものではなく

その人のオーラ、エネルギーである

 

ということだったのです( *´艸`)

 

<fin.>

コメントを残す