背中のチャクラ / *:.月族への手紙..+*

前回のつづき!

背中のチャクラの活性化エネルギーワーク

昨晩は背中(裏)のチャクラが気になって、
寝る前に背中の各チャクラを活性化させる
オリジナルのエネルギーワークをしました。

やり方は、前面チャクラのその後ろのチャクラが
ぐるぐる回っているようにイメージをした。

私の場合のイメージとは、視覚(映像)だけでなく
感覚や音などの五感をフル活用させるので
(とってもリアルなイメージ)

ぐるぐる回っている映像に加え、
指だか何かが当たっていて
それがぐるぐる回っているのを感じました。

 

1番楽しかったのは、第6チャクラのとき(*´▽`*)

このときは、頭の後ろに目があると思って
自分の背中側にある部屋の扉を
まっすぐ前から見ているようにイメージしました。

それに慣れると、次はもちろん肉体は動さないまま
“目だけが360度、頭の中で回転して
360度の景色を見ているように”イメージしました。

これが初めは意外と難しく、
270度以降になるとあと少しで1回転なのに
何故か逆方向にイメージが戻ろうとするんですよ( ゚Д゚)

最初はなかなか1回転できなかったんですが、
やるうちにできるようになり、
最終的にはどの角度の、そしてどの方向の景色をも
イメージできるようになっていました。

 

私の背中のエネルギーを表現している人

そんな楽しい夜の次の朝。

まだベッドでゴロゴロしていると、
母と20歳の弟があることで喧嘩になっていました。

原因が原因なだけに、

「なんでまだまだこんなに悲しいこと多いのかな…。」

と泣けてしまい起きたくなくてまた寝ようとしました。

 

そうしたら寝れはしませんでしたが、
とても素敵な映像を見ることができました。

 


陽の光が当たる開放的な工場?のような場所に
潰れた缶のようなものが大量に集められ、
それをまとめている男が映った。

少し映像の範囲が広がって、
その周りには同じく“仕事”をしているらしい
複数の男が見えました。

みんな50歳代以上に見え、
着ている服や表情などの容姿から
「豊かさが消えた、寂しい空気」を感じた。

すると周りを掃除していたある男が
下に向かって手でポンポンと何かを叩いたんです。

すると下から別のとある男が起きだして、
何故かその人は“ホームレス”の人で
そこで寝ていて起こされた、というのが分かった。

ホームレスとは言っても
髪の毛や服の感じはボロボロではなく、
むしろ小綺麗な感じではあった。

 

起こされたその男は素直に従ってその場を去ったが、
建物の外へは出たものの
敷地内の広い砂利になっている所で寝ころんだのです(笑)

そして綺麗な青空を仰ぎながらこう言った。

 

「確かにこの世は愛や光なのかもしれない。

でもそれは「本質は」の話であって
今の自分や世界は愛や光だと思うのか?

少なくともエゴと同調した状態では
愛や光である本当の自分ではないのに
そう語っている意味はあるのか?

この世は愛や光であると私も思う。

でもその前に、今の自分の状態を
しっかり見て受け止めることが大切なんだ。

「本質」を知り「今の自分の状態」を知り、
そして今の私たちの状態から成長し目指すのが
その分かっている「愛や光」なんだ。

(語ることに意味はなく、
それを目指し“そうなっている”ことが大切)」

 

語っているだけでそうなっていなければ
やはり輪廻転生の輪からは外れることができず

(輪廻しているうちはアセンションしていない)

「いつまで廻っているつもりなんだ?」

とも彼は言っていました。

彼はね、言い方は厳しいけど
本当にその通りで的を射ていると
私も正直にそう思いました。

 

すると今度は誰かが彼とどこかの“異空間”で
会話している映像に切り替わり、
なんと!白い服を着た私もそこにいたんです。

自分の見ている映像に自分が登場していました。

それで誰かが彼にこう言った。

 

?「あなたは信じられないかもしれないけど
とても大きな力を持っているんだよ。」

男「俺が?それはないよ(笑)」

?「見えない世界を動かせる力が強いんだ。
この子もそうなんだ。」

男「(私を見て)は?!(笑)俺がこの女神と同じ?!(笑)
…ありえない(^^)/」

(彼には私は女神に見えたらしいですよ奥さん!)

?「その力を使いこなせていないだけなんだ。」

 

この会話が終わると、また映像が切り替わって
彼は競馬場?みたいなところにいて目を覚ましたんです。

座りながら寝てしまったらしい。

前列の前に一緒に来ているらしい
彼の友達の女性2人がいた。

(同年代のようだったが、少し明るい色の服に化粧
アクセサリーもつけていて少し派手だった。)

その2人が後ろを振り向き寝起きの彼に言った。

「寝てたね!」

「…うん。俺…女神に会ったんだ…。」

「は?寝て頭おかしくなったの?(笑)」

 

すると競技が始まったらしく
周りが一斉に同じタイミングで
立ち上がり大盛り上がりしている中、

彼は1人一点を見つめたまま座っていた。


 

で、この彼のその波動というのが
私の背中の波動を表現した人なんですね。

チャクラの陽・陰は変わらず
それを陽的エネルギーが強い「男性」が扱っていたのです。

なのでやっぱり環境や興味を持っている方向は同じだけど
男性的な「“問題”に視点が行く面」とかはあると感じました。

最後のビジョンで彼が「天狗」として映っていたので
そういう波動だし彼は天狗と深く関わっているのでしょう。

(本当、嫌われ役って大変だぜ( `ー´)ノ)

 

この映像の真意とかいつの時代とかも分からないけど、
後にこの男性は「見えない世界を表現する人」になると
そのあとのビジョンで分かりました。

男性のヒーラーとか、エネルギーワーカーみたいな職業。

 

それと、

“私の背中を表現した人”って言いましたが
正確に言うと「月的なエネルギーの陽の性質が強い」人。
私は「月的なエネルギーの陰の性質が強い」人。

で、そもそも「月的なエネルギー」を人化した人は何人かいて
みんなで一つとしてボールみたいな空間のある円になって
「月的なエネルギーを表現している」らしい。

 

彼が私に感じた神っぽさは、
まさに彼自身の真の姿である

「月の波動を帯びた神の男性性」

 

なんですね。

 

私には彼の気持ちがよく分かるところがあり
とても感動しました。

彼は私を女神だと思ってくれたけど、
私は彼を見れて会えてとっても嬉しかったです。

 

長くなったので、
最後に受け取った「月族への手紙」は次回に☆

<continue…>

 

「ブロガーを職業に!」

見て頂きありがとうございます。

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします( `ー´)ノ

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461

<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。

 

コメントを残す