神の国、ニッポン。

私が起きる前にエネルギー上で残した言葉であり、前回の続きでもあります。

 

ここで言う「神」とは、
私が言う“見える全てと見えない全て”の
完全なる一つの意識ではなく、

ほとんどの方が言う高次元の世界からやってきた
いわゆる“宇宙人”であり神社の主のことを指します。

 

日本の神の歴史はとても古く、
イザナギ・イザナミの夫婦神から始まります。

神によって造られたこの土地は
神々が住まうことができた場所でした。

 

彼らは今でいう守護霊みたいな存在で
自由に飛び回ったり
その高い知識によって人々の暮らしを豊かにし
ヒーリングをしたり教えたりと、

(持っている肉体や叡智もやはり桁違いに凄い)

「なんだかとっても凄い!」けど
人々と共存しながら暮らしていました。

イメージは「ムー」「レムリア」と呼ばれている
超古代文明ですかね。(詳しくは知らない)

 

見えないものを色々と分けてくれる神々への
感謝と尊敬の気持ちによって作られたのが「神社」。

神社とは高次存在である<神が住まう場所>でした。

今やパワースポットと呼ばれ
たくさんの願い事を引き受ける場となってしまいましたが

今の多くの人たちが持っている【依存心】からではなく、
もっと自立した想いから神々の得意な
ヒーリングだったり技術だったり叡智を借りていたのです。

そして人々も自分たちの得意なもので
神々に何かをしてあげていたという“対等”な立場でした。

神と人の間で対等に全てのものが循環していた

 

異次元な存在でありながら良き仲間。

 

 

 

神社自体、とても広いこの世界で
持っているのは日本だけ。

どれだけ多くの神とどれだけ深く関わってきたのか
たくさんあるこの神社でよく分かると思います。

それだけ高次元と長く関わってきた土地なの。

 

結界のための神社もあって、
場を乱す荒いエネルギーを封印しています。

で、大昔の人たちは
それができるほどの知識と技も身につけていました。

陰陽師とか巫女とかね。

あれは高次のエネルギーとシンクロできる
且つそれをしっかりと扱える<能力者>の立場だったんですね。

エネルギー的にも物質的にも安定していました。

 

結婚式だったり、
新しい家を建てるときなどなど

日本には実にとても多くの様々な場面での
<儀式やお祓い>があるかと思います。

何かを始めたり・“する”に当たって
まず初めに場や自分をを整える(神聖な状態)
文化が日本にはあります。

見えないものが1番の出発点であることを知っていたので
見えない世界をとても大切にしていたし、
それを基準に何をどうやっていつ物質化するか
計画してから行動を起こしていました。

 

 

そんな「神の国、ニッポン」が復活しました。

 

同じ日本人はもちろん、
自分たちとは違う瞳の色や髪の色の
同じ地球人にもおもてなしすることができる上、

高次の進んだ世界からやって来る“宇宙人”が
堂々と降り立つ土地となります。

高次の存在に感謝しその力を借りつつ、
私たち地球人にできること得意なことを提供し
対等な立場で助け合っていくことになります。

 

今回の記事の内容を見て、
今の時代における日本の立場と
その中の自分の役割を考えるいい機会に
なったらいいなと思います(__)

 

「天皇」については次の記事でお話します☆

<continue…>

「ブロガーを職業に!」

見て頂きありがとうございます。

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします( `ー´)ノ

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

コメントを残す