彼から見る < 男性性と女性性 >

「彼」とはツイン君のこと。つまり正確には「ツイン君から見る<男性性と女性性>」についてお話します。

 

「ワンネス」は意識せずとも、 でも書いたように、
私は不調和だった時代は「エゴの時代」であり
今の時代は「真の時代」と呼んでいるのですが

ツイン君からすると、どちらかと言えば
今までの時代は「男性性の時代」であり
今の時代は「女性性の時代」とのこと。

きっと同じようなことを指していても
それぞれの感覚によって浮かぶ言葉って違うと思うので
彼の感覚に合う言葉(表現)にすると
そのような言葉(表現)になりました。

そしてさらに、彼は自分のその感覚を
映像として私に見せて説明してくれました。

 

今までの男性性の時代は、

“天井にちょいちょい大きな穴の開いたトンネルを、
(写真の真ん中の管のように)
自分の足を使って何にも頼らずに
全力疾走していたようなものだ”と。

映像では、時々上を見上げ
上から何か落ちて来ないかを確認しながら
全力疾走している男たちが映っていました。

 

でもこの穴の開いたトンネルの先に続く
長く伸びるトンネルがあったのですが、

それは天井に穴が一切開いていないどころか
様々な場所へと運んでくれる電車の
大きなターミナルになっていました。

で、これが「男性性の時代」に続く
「女性性の時代」の表現でした。

“上から何か落ちて来ないか確認するという、
常に恐怖と戦うことなく守られていて、
流れに乗ることで「安全に早く、そして楽に」
目的地へと辿り着くことができる”と。

「電車」にとても大きな意味(象徴)が込められていて、

今まで休むことなく自分の力だけで走ってきたけど
電車(女性性)はその苦労や恐怖や辛さの全部を取り除いてくれる。

 

「電車(女性性)」と表記しているように、

彼は私を通して「女性性」というもの
女性性の性質である「流れに身を任せる大切さ」や
自分を労わって時には休んだり
とても大変なことでも無邪気に楽しくそれと向き合う姿勢などを
学んだと彼は言ってくれました。

 

そこで分かったんですよね。

彼の“今までの時代と今の時代”の境目は

“自分の力だけで動いているのか
それとも
周りや見えない力も借りながら進んでいるのか”

 

一方私の“今までの時代と今の時代”の境目は

“「善悪の判断」を持ちながら周りや自分を見ているのか
それとも
周りの現象を通して「自分」を見れているのか”

 

やはり彼は外側への意識が強く
私は内側への意識が強いと実感しました。

 

これは私のブログなので、
私の感覚を元に出てくる言葉や表現で記事を書きますが
人によってピッタリ来る言葉や表現って違うと思うんです。

私とツイン君の場合、
根っこは同じでも様々なことに対して真逆なので
こうやって同じテーマでも
私と彼の両方の視点を取り入れて書いていく方がより丸みが出て
より“真実”に近づくのかなと思いました( `ー´)ノ

 

と、いうことで!

今日は彼から見る<男性性と女性性>の
お話でした( *´艸`)♪

<fin.>

「ブロガーを職業に!」

見て頂きありがとうございます。

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします( `ー´)ノ

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

コメントを残す