縄文時代の天照大御神(アマテラス)

「イスラエル」なんて一度も書いたことがないのに、急にイスラエルからの読者も増え始めました。少しビビッてますが、みんなカボチャだと思って今日も書きます!

 

はじめに、

一言で「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」とは言っても
古代では様々なものや人を指す言葉でした。

 

例えば「愛」は“love”という意味の言葉でもあり
“人の名前”、“お店の名前”を指す言葉でもあったりしますよね。

でもやっぱり「愛」という名がつけられたものは
“love”の意味を込めてつけられていると思います。

 

それと同じように、
古代の「天照大御神」は元々「太陽神」のことだったんです。

あま(見渡せるほどの広範囲・全て)を照らす太陽を
「神」として人々は崇め感謝しながら生きていました。

太陽への尊敬の気持ちを込めてつけた「天照(アマテラス)」は
日向族(日本に元々いた部族らしい)の象徴になったり、
天皇の名前としてつけられたりしただけで、

「天照大御神」とは誰か「1人」を指す言葉としては
使われていなかったんです。

 

そして今回書く「天照大御神」とは、

縄文時代に太陽神の祭司を行っていた巫女たち

のことを指します。

 

縄文時代と言えば、
1万年ほども続いたと言われている超寿命の時代であり
スピリチュアル的にもムー(レムリア)に似た
愛と調和の波動であったとよく書かれている時代です。

 


元々、日本神話だけでなくこの世で言う「神」系には
そんなに興味がなく読んだことがないのですが

きっかけは、

あるとき起きる直前にテロップが出て来て
こう書かれていました▼

「クシナダヒメは、スサノオから見たアマテラス」

 

クシナダヒメはスサノオと超ラブラブな
スサノオの妻なのですが、

それが「アマテラス」ってどういうことなんだろう?
ネットで調べてもよく分からないですし、
私は体験をしないと信じられない性格なので
あまり調べる気持ちもなかったです。

既に書かれた文献を見て考察しても
そもそも書かれたその内容が事実かどうか
分からないじゃないですか?

なのでよっぽど「明晰夢」とか
「タイムスリップ」とかの方が信じられるんですよ。

他の人はどうあれ、
自分がそれを体験したのなら
それは自分にとっての真実ではあるので。

 

それで昨晩、

「真実の(今の地球と繋がるタイムラインの)縄文や
日本神話についてどうか教えてください」

と言って寝たところ、それと繋がる明晰夢を体験できました。

 

*--*--*--*--*--*--*

(ここから明晰夢の話)

 

大学みたいなとっても大きな建物の敷地内を
女の子2人と一緒に歩いていました。

私たちを案内してくれていたおばちゃんが、

「じゃ、私の仕事は終わったから帰るね!」

と言うと、正門と逆の裏の門から出ていった。
(帰る→物質界に戻る・起きるという意味だった)

 

私たちだけになると、
まるでどこへ行くべきなのか分かっているように
正門に向かう大きな階段を迷うことなく下っていきました。

そのときの階段の感じとよく似た写真が!
この写真の向こう側から手前へと下っていく感じ▼

 

それで階段を下っている途中で、
私はその女の子2人と“昔の話”をしていたのだけど

どうやらそれは <縄文時代の日本> だったんですよ。

それも土地(地図)についてね。

ビジョンでこういう地図が出て来て▼

丸点は今でいう「駅」なんだけど
どんなふうに移動していたかは分からないです。

丸点の大きさは、その駅の規模の大きさや
使用者数の多さみたいなイメージでした。

「×」は位置的に今の名古屋当たりで土地の中心であり
ここにも駅があったのですが、
何故か意外にも“あまり使われなかった”ようで
その後、駅はなくなった記憶が夢の中の私にはありました。

「昔はここ(中心の「×」のところ)にも
駅があったんだけど、今はもうなくなっちゃったね。」

と話していたので、今よりもずっと前の古代、
でも初期の縄文よりも後の時代の視点から
この地図を思い出していたんだと思います。

 

左側は「九州」というのがハッキリしていて、
しかも東から西へ行くとき

「中心より左の駅2つ目を降りて少し歩けば
“いつも行っている(通常の居場所)”に辿り着く」

という記憶もありました。
いつもそのルートで、左上の斜線のある所へ行っていた。

で、その斜線のある場所はどこかと言うと
古事記で言う「高天原」だと思うんですね。
そしてそれは今の「高千穂(宮崎県)」。

理由は…です( `ー´)ノ

私は古事記などにまっっったく詳しくはないのですが、
「高天原」の文字を見た時に
絶対ここは「高千穂という場所だ!」と思いました。

…漢字の感じで( `ー´)ノ

でもそうだと決めつけてから調べてみると
案外当たってる感がありました。

この地図と今の地図を比べると
土地の形が全然違うように見えますが、
まぁ思い出した土地の形がこうだったので
そのまま載せました☆

 

長くなったので、
「天照大御神(アマテラス)」と呼ばれた
太陽神信仰の巫女たちの集まりについてはまた次に書きます!

<continue…>

「ブロガーを職業に!」

見て頂きありがとうございます。

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします( `ー´)ノ

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

“縄文時代の天照大御神(アマテラス)” への2件の返信

  1. はじめまして。ヒョンなことからこのブログにたどり着き興味深く読ませていただいてます。
    情報を共有してくださり、ありがとうございます。

コメントを残す