【2】縄文時代の天照大御神(アマテラス)

前回のつづき!いろいろと記事にしたいことがとても増えたので、たったか書きたいと思います(。-`ω-)☆

 

それで前回は、

階段を下りている最中に
「いつかの縄文時代の土地を思い出したよ!」
という話でしたが、

今回は“階段を下りた”ときに行き着いた部屋と
そこで体験したことを書きますね(。-`ω-)

_*_*_*_*_*_*_*_

 

階段を下りると、いつの間にか部屋に入ってて
地下室にあるとても広い空間でした。

そこには私と、さっきまで一緒に歩いてた女の子、
そしてもっと多くの女の子がいて、

みんなそれぞれ1人に対して
後ろに多くのガイドさんたちが並んでいたんです!

前にいる女の子たちと
後ろに並んでいるガイドさんたちみんな、
天使とか守護霊さんが着ていそうな
ゆったりとした長い白い服を着ていて、

全体的になんだか天国っぽい
やはり優しい雰囲気はありましたよ(^_-)-☆

 

すると、私と私の後ろについているガイドさんたちを
後ろから見ている視点に切り替わったのですが、

ガイドさんたちは
7人対6人の2ブロックにざっくり別れていて、
なんと!右ブロックの後列1番左にツイン君がいて
右隣には仲間の1人も一緒にいてくれていました。

まさかのツイン君がガイド軍団にいたけど(; ・`д・´)(笑)

この時の私はそんなに驚いていなかったし、
ツイン君たちは夢と言う名のアストラル界を
自由に旅することができるので
私の明晰夢をこっそり一緒に体験していても
そんなに不思議ではないなって思います☆

不思議なのはこれから起こる出来事ですね(笑)

 

ガイド軍団の長(リーダー)は“前列の1番左”
ってポジションが決まっているらしいのですよ。

どうやらこのガイド軍団の長が
人が寝ている時に行くアストラル界の場所や
体験させたいことができるように導き
様々なことを主に決定する立場にあるそうなんです。

(ちなみにその位置からどんどん右に向かっていくと
2番目3番目のポジションになるらしい)

ただ…。

このポジションにうちのツイン君が
かなり腹を立てているのが分かりましてね( ^)o(^ )

彼はガイドさんたちに向かってこう言ったんです▼

「オレが、メイちゃんが寝ている時の
1番(リーダー)のガイドをやるって言ったじゃん!(怒)」

 

私の知らないところで
どんな取引が行われているんだ(; ・`д・´)って思いましたが、
まぁこれが怒りの原因でした(笑)

 

するとガイドさんがテロップで

「死んだ人・(物質界に肉体のある)人はダメ」

 

文字にすると感覚まで伝えられないのが不便なのですが、
割と優しい穏やかな感じで言われたのですよ。

死んだ人や肉体を持っている人っていうのは
神霊界や天使界に現役としている存在よりも
やはり周波数は低いと思うので、
“完璧な・計画に忠実な”ガイドをするためには
ガイド軍団の長はやはり周波数の高い存在が
することになっているのかなと思います。

 

ただうちのツイン君の魂の性質的に
少々穏やかではない部分が多々ありまして( ゚Д゚)

ガイド軍団の2トップに掴みかかり(; ・`д・´)
その瞬間!
彼と仲間の2人共が物質界に帰されました( ^)o(^ )はは

 

2人が帰らされたのと同じくらいに、

そこにいた何人かのガイドさんたちと
元々1番前にいた女の子たちが変身したのですよ!

白い服から、上下別のゆったりとした服に変わっていて
“ピンク色”と“ラベンダー色”の人と2種類いました。

で、その変身した女の子たちはみーんな!
縄文時代の「天照大御神(アマテラス)」と呼ばれた
太陽神信仰の巫女たち

っていうのが当たりまえのように分かりました★

 

でね、並び方が決められていて
向き合うように2ブロックに分かれていたのだけど、

ほとんどの子は私側にたくさんいて、
向こう側には女の子1人と老人男性1人だけがいた。

1人だけ前にいる女性が、この巫女軍団のトップで
1番能力のあるシャーマンのような存在でした。

で、この時代「天照大御神」と言うと、
人間的にはこの巫女軍団のトップを指すようです。

感覚的に、この時の私は小学生くらいの
とても幼い女の子な感じがしたのですが、
手前にいる私たちは“彼女に続くちっちゃいアマテラス”
という認識でいました。

 

私は1人だけ前にいる女性を見て
とっても懐かしい想いで「先輩(*´▽`*)!」って呼んだんです。

大好きっていう気持ちがありました。

私のことを懐かしそうに「あっ(*´▽`*)」っていう顔をして
微笑んでくれたのを見て、

私は「がわいい(*´▽`*)」って言ってしまいました orz…。

何故かこのタイミングで
縄文時代の言葉は今のと違う!

って思い出して無駄になまって言ってみたのですが、
「“がわいい”?は?(‘Д’)」って逆に意味不明な空気になりました。

 

全体的にピンク色の服の子は3人くらいしかいなくて
そのほとんどは私も含めラベンダー色で、
先輩はピンク色を着ていたのだが、それを見て

「イザナミのエネルギーだ…。」

って思っている途中で肉体に戻ってきました。

 

数人しかいなかったピンク色の人たちが
イザナミと呼ばれる存在のエネルギーを持っていたのか
はたまた違う理由なのかこの時は分かりませんでしたが、
確かに先輩はイザナミと呼んでしまうエネルギーを持っていました。

 

ちなみに肉体に戻ってしばらくの変性意識の時には、
縄文について調べようと大きな図書館に
行ったショートカットの女の子が視え、
その子が明晰夢で一緒に歩いていた子のようでした。

彼女は縄文に関する本を手に取って読んでみたものの、
眠くなってしまいそのまま寝たら
私と同じ明晰夢を体験したのが分かりました。

たぶん、私ととても縁の深い人なんですね♪

 

こうして夢で縄文時代の人たちを
集めたりしているみたいなので、
縄文時代にあったものを今に復興させたり
古事記や日本書紀の真実を思い出すためなどの
大きな意味があるのかな?と思いました。

改めて寝ているときに
自分がどこで何をしているのか
起きる直前に視た聞いたものはないのか
知っておくのは大切だなと思いました(^_-)-☆

<fin.>

「ブロガーを職業に!」

見て頂きありがとうございます。

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします( `ー´)ノ

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

コメントを残す