わたしの真名

今回は、「名前」についてのお話。

 

突然ですが
私の名前は < ながた ぱうら めい >
ツイン君の名前は < よしだ しんや >

でもこれは「通り名」なんです (‘ω’)ノ

みなさんが知ってる私の名前、
そして私が知ってるみなさんの名前も「通り名」です。

 

他にどんな名前があるかというと、それは

「真名」

 

ネットでは、“ 真名は親しか知らない自分の名前 ” で
“ 通り名は親などの親しい人以外に名乗る名前 ” とあって
今でも数わずかの田舎や支配者層には残っているようです。

でもここで私が紹介する「真名」はいわば

「地球星人名」 です。

 

私はずっと宇宙人たちみんなに知られてる
この星での自分の名前があると思っていたんですよ。

それを最近知りました。

不思議なことにツイン君の真名も知ることとなりました。

 

ずっと予想していた名前とは違ったのですが、

文字数や後尾を伸ばしたときの音、
名前の雰囲気(イメージ)などは同じなので
違ったけど “ ほぼ ” 予想していたのと一緒でした(*´`*)

 

そしてその「真名(地球星人名)」について
朝起きる時に説明をされました。

科学的に説明してくれたのですが
私は感覚で理解したので分かるけど
それを説明する科学的な理解力がなくて難しいので

簡単にまとめると
通り名は 本当の自分を思い出すまでの名前
真名は 魂としての自分を思い出したときの名前 で、

真名の方が実は
宇宙で通用している自分の名前なんだそうです。

 

例えるなら、スマホには “ 型番 ” ってあるけど
スマホ本体だけじゃ使えないですよね。
その中にSIMカードを入れて
電話やインターネットができるようにしています。

私たちの通り名(体)はこのスマホの “ 型番 ” で
真名(魂)は “ SIMカードの番号 ” です。

ほとんどの私たちは自分のSIMカードの番号を知りません。

私も最近知りました。

 

で、ここでですね、ちょっとだけでいいから
自分なりに科学的に説明してってしつこく
ツイン君たちに言われているので書いてみますね。

実は「真名 = インターネット名」と言われたのですが
“ インターネット名 ” が説明できなくて断念しました(>_<)

彼ら曰く、
この世界はスーパーコンピューターと同じなんだそうです。

私たち1人1人は、
パソコンで使われている “ IPアドレス ” のようなもの。

だからどの魂がどの次元にいるのか
調べることができるんだそうです!

IPアドレスが分かれば端末を特定することができて
その端末の名義を調べることによって人を特定できますよね。

たぶん彼らが言いたいのは、
私たちを正確に言うならば「人」とか「地球人」という
漠然としたものではなく、

「電気粒子の集まりなんだよ!
(それが人に見えてるだけ)」

みたいなことだと思います。

インターネットは電気粒子の流れなどできるものなので
それで「真名とはインターネット名」なんだと思います。

 

そしてこの後に金色の文字で文章が出て来て、

「真名を知るまでは “ 待つ ” 必要がある」

と共に、NZで会ったときのツイン君の姿が出てきて
この時は “ 待っている時だった ” という表現でした。

そして、

「だが待っているその間も、
私たちはちゃんとストーリーの1ページ1ページの中にいる」

例え私たちが本当の自分(真名)を忘れている間でも
ちゃんと自分の計画してきたことをしているという意味。

 

自分の真名が何か知るの楽しみですね(*´`*)

<fin.>

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします(*´▽`*)

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046
 

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

“わたしの真名” への2件の返信

    1. コメントありがとうございます。

      「神名(真名)」をモチーフにした話は結構ありますよね。
      とても大切なもののようですよ( *´艸`)

コメントを残す