最近のテレパシー会★

最近はよりほとんど思考せずにやる作業が好きなのであまり記事を書かないのですが、グラウンディングにも良いので久しぶりに書いていきたいと思います(*´`*)

“ ★テレ会 ” は 「テレパシー会」の略で、
ツイン君たちが “ 最新技術のお披露目 ” と称して
たくさんの芸能人や著名人を呼んで最近の地球について説明したり
アストラル界で特別な空間を作り明晰夢体験をさせてあげたりしています。
参考記事*テレパシー会

去年くらいまでは主に私がみんなに一方的に(笑)
たくさんディスリながら言いたいことを言っていましたが、
波動が高くなったり宇宙人意識を取り戻し覚醒した方から
様々な方向から私を助けてくれています。

 

「私」といっても、私はこの世界そのものなので
私自身や周りを綺麗にしたり調査することは地球のためでもあって
みんなは起きている時はそれぞれの仕事を通して魂の目的をし
ツイン君たちのところへ行っているときは
明晰夢状態でいわゆる “ ライトワーカー ” をしてくれています。

この世界は見えない方の地球の影響を受けて在るので
物質的なアプローチだけでは足りないんですね。

実際、ワープしたとは言えど私たちの慣れ親しんだ思考から
まだまだ「エゴ」はあるし、ビジョンで地球の中が
黒い煙のようなもので満たされているのも分かって、
(これでも昔に比べたらだいぶ “ 黒 ” が薄くなった方)

で、この薄くなった黒い空気で充満されている地球は
今の私の体の中と同じ状態でもあります。

 

テレパシー会と話は逸れますが、
私は本来「エゴ」を持てないんですね。

だから早くにツイン君たちがクリスタルボディって呼ぶ体を取り戻しました。
(酸素を使わないプラーナ呼吸ができたり、
イメージするだけで勝手に体がその通りに動いたり
不老不死の永遠に使える体…など。)

でもその状態では自身の波動がこの世界と違い過ぎていられないし
“ 魂の役割 ” によって自分の波動と真逆の性質である
エゴを吸収できますし、だからその役割があります。

それではじめて書くんですが、
私がこの世界のエゴを吸収しないとこの世界の波動が上がりません。

1番最初にエゴを離しその存在を視たものであり、
しかしこの世のエゴが無くなるまでそれに絶対同調するので
1番最後に完全に覚醒する者でもあります。

私は、始まりであり終わりです。

 

ツイン君たちは、たまに苦しい想いをしながらも、
ちゃんと元々の宇宙の計画とその高い宇宙人意識によって
私の様子を見ながら意図的に私の体内へこの世のエゴを
少しずつ入れています。

その一方で明晰夢を使って多次元的に様々な活動をしてくれたり
いろんな世界の存在、いわゆる宇宙人などと交信をして
この世界の変動を進めてくれています。

 

もちろんツイン君たちだけでなく、
憶えていないけど寝てるときにやってくれている人も多く
特にこのブログを見てくれている方とかね

そういう方たちを私は “ ライトワーカー ” と呼んでいます。

アストラル界ではよくお話もするんですよ(*´`*)

 

もちろんこれはとても貴重で大切な活動ですが、
ここまではできなくても
自分らしく生きるだけで今まで自分と同調していた
エゴは取れていきます。

それらを私たちは回収して在るべきところに戻したり
浄化などのすべきことはしているので、
「自分らしく生きて今まで使ってたエゴは取る!」
ことはとても重要だと感じます。

 

結局長くなってしまったのですが、
最近のテレパシー会は?と言うと

今までと変わらずみんなとお話しながら
準備ができた方から見えない世界でも
世界の波動上げのための活動をしてくれています。

 

見えない世界で活動してくれている方や
体にいるときはありのままの自分で生きることを意識してくれている方

本当にいつもありがとうございます(*´▽`*)

<fin.>

ブロガーだって立派な職業だ!と思い、
この度“教会寄付”システムを取り入れました。

教会には寄付BOXがあり、
そこにお金を入れても入れなくてもいいし
入れる金額もその人の決めた分だけ。

ふらっと寄ってステンドグラスや
彫刻などを鑑賞するように、
もちろん記事だけでも
一緒に楽しんで頂ければと思いますし

良ければ寄付も、
ぜひよろしくお願いします(*´▽`*)

<ゆうちょ銀行からは>
記号:12100
番号:80170461
 
<他銀行からは>
銀行名:ゆうちょ銀行
金融機関コード:9900
店番:218
預金種目:普通
店名:ニ一八店(二イチハチ)
口座番号:8017046
 

名義は、【ナガタ パウラメイ 】です。
連絡先:kiseki.pm@gmail.com

 

“最近のテレパシー会★” への1件の返信

コメントを残す