愛はいつも在るからどう使ってもいいの。

 

フリーエネルギーと同じだからね。

無料だし無限だからいつどう使ってもいいの。

 

 

 

これまで相談のメールをいただいたり
たくさんの方をリーディングしていく中で、
パートナー関係の寂しさを持っている方って
とても多いなと思いました。

ツインレイとか関係なしにね。

 

でもそんな状況の方から感じることが多いのが
「その人の中の愛の渇望」なんです。

 

過去のすきな人が忘れられないのも
今のすきな人が隣にいないと不安なのも、

相手から愛が欲しいって思ってるから。

だから、愛情交換ができた過去を忘れられないし
その人から愛を与えてもらおうと
彼を隣に置きたい場合が多いの。

 

その人の中の愛の量みたいなのが少ないとか
本当にない人とかもいて

それはその人が愛情のない行動や思考をするとかじゃなくて
ゾンビみたいに愛を求めて彷徨っているように見えることがある。

 

 

愛はね、自分で補充できるし

自分で自分に愛を補充できる人が
精神的に自立した人だと思います。

自分に愛を与えられる人は
どこにいようとそれを分けることができ

自分の中が愛でいっぱいなことには慣れているので
人から愛を与えられても笑顔で素直に受け取ることができます。

 

彼がすき、だから一緒にいるために頑張りたいのであれば
その愛は必ずいつかまた消えるよ?

自分は自分に愛を補充する選択はできるけど
彼が誰に愛を与えたいのかは彼にしか決められない。

愛を欲している自分のために頑張って欲しい。

 

 

愛は誰かに与えられる必要はない。

それは常に在るからなくならないし
どう使ってもいいんだよ。

つづき「愛を自分に与える方法」

 

 

    

 

“愛はいつも在るからどう使ってもいいの。” への1件の返信

コメントを残す